RPS/RFSの劇的な効果

ボトルネックとなっていたIOのIRQをソフトウェアで各コアに分散してくれます。
解説してるサイトはいまでは多くあるので図だけで示します。

RPF/RFS

CPUのスペックはCore i7-2600Kです。物理4コア、HTを効かせているので8コアに見えています。カーネルのRPS/RFSを有効にした以外は特に何もしていません。

物理コアの対応は以下のとおりです。

  • CPU0 CPU4 : core 0
  • CPU1 CPU5 : core 1
  • CPU2 CPU6 : core 2
  • CPU3 CPU7 : core 3

core 0の負荷がCPU3とCPU7で合計80%近かった状態から、RPS/RFSで各コアに分散した結果20~30%の範囲で落ち着いています。
これがパフォーマンスが2倍3倍になると言われている現象です。

RPS/RFSを有効にしたRTL8111なマシンでは、872Mbps 127k/ppsを記録しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*