CoDelを有効にする方法

RTTが安定しない相手に合わせてNICのキューをつかってタイミングを最適化するAQMなCoDelを有効にする方法。
公式のwikiがわかりにくかったのでメモ。

3.5系のカーネルに入れ替えたらコマンド一発で有効になります。

sudo tc qdisc add dev eth0 root fq_codel

以下のコマンドで確認できます。(Unknownとか言われてますが)

/sbin/tc -s qdisc show dev eth0
qdisc fq_codel 8003: root refcnt 2 [Unknown qdisc, optlen=48]
 Sent 32181 bytes 2193 pkt (dropped 0, overlimits 0 requeues 0)
 backlog 0b 0p requeues 0

自社のゲートウェイとして使っているvyattaで利用したいのですが、カーネルが古い。うーむ・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*