自作サーバを半年運用して

世間ではディスられ傾向にある自作サーバですが、自分では初期コスト以外のメリットもあると考えています。

まず、手間がかかることです。
手間をかけて運用を安定化させていく中で、問題や疑問にぶちあたりまくりました。
単にバッドノウハウがたまっていくだけでなく、チューニングすべき箇所や、リソース配分の極端な偏りや、普通だったら考えもしない見えにくいボトルネックが自然と見えてきました。
システムの負荷をLAやIO wait等でざっくりみて「もう限界だー」とベンダーサーバに乗り換えたところで、同じ理由がボトルネックになるのは目に見えています。
ハードウェアが変わってもOSは変わりませんからね。
箱だし設定で高いサーバをつかってもお金の無駄です。うらやまけしからんです。

壊れるけどメンテは案外しやすい
ハイスペックなサーバを必要最低限の台数で運用していた時と、安い自作サーバを並べて1,2台壊れてもいい運用を比べると、データセンターにいかなきゃいけない頻度はあまり変わらない感覚です。
台数が少ないと、メモリエラーやディスク故障など、安全を考えるとその場で対応しないといけないので、なんだかんだで手間がかかります。
共食い修理も自作サーバの利点ですね。MiG-21とF-15くらいの感覚です。

中の人が育つ
どこかの豆腐屋の86じゃないですけど、完成されたベンダーのサーバと比べるとやはり問題だらけです。
ひとつひとつの問題をじっくり解決することによって、みっちり経験をつむことができました。
自作サーバを将来捨てないといけない時が来るかもしれませんが、サーバのリソースをしゃぶりつくすくらいまでチューニングノウハウがたまったので、自分の会社はいつハイスペックなサーバに乗り換えてもコストに見合った使い方もできるし、増える続けるコストに悩むことはないでしょう。

とかいろいろ書いてみたら、自作サーバじゃなくても環境があれば十分ふかぼりして楽しめますよね。そもそも予算が潤沢にあれば考える必要がまったくないことです。
ちなみに自分はProliant大好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*