VyOSのigbを最新にしてみた

ネットワークのリプレースにあたりVyattaのリポジトリが長時間が落ちっぱなしだったり、コミュニティもgdgdなようなので、思い切ってVyOSに乗り換えることにしました。

以前からのVyattaの使い方の通り、カーネルを最新にするために非公式版なんぞないと思い込み、build-isoから作る作業をしていました。
ついでなのでigbも最新版を入れようと思い、とりあえずビルドをしてみましたが…。

vyos1

それさぁ、早くいってよぉ〜

しかしこれだけではlinux-headers相当のパッケージを含まないため、igbのコンパイルをすることができませんでした。
四苦八苦していろいろ模索した結果公式に、linux-vyatta-kbuild_*.deb という kernel-headers 相当のパッケージを見つけました。

http://dev.packages.vyos.net/vyos/pool/main/l/linux-3.13/

しかしこれだけではigbのmakeに必要がなものが揃っていないので、以下にまとめて手順を記載します。

# Debianのsqueezeリポジトリを追加
configure

set system package repository squeeze components main
set system package repository squeeze distribution squeeze
set system package repository squeeze password ""
set system package repository squeeze username ""
set system package repository squeeze url http://http.us.debian.org/debian

commit
save

exit

# makeに必要なパッケージをインストール
sudo apt-get update
sudo apt-get install make gcc build-essential

# カーネルヘッダをインストール
sudo wget http://dev.packages.vyos.net/vyos/pool/main/l/linux-3.13/linux-vyatta-kbuild_3.13.11-1+vyos1+helium5_amd64.deb
sudo dpkg -i linux-vyatta-kbuild_3.13.11-1+vyos1+helium5_amd64.deb

cd /usr/src

sudo ln -s /usr/src/linux-image/debian/build/build-amd64-none-amd64-vyos linux

# igbのインストール
sudo wget http://downloads.sourceforge.net/project/e1000/igb%20stable/5.2.9.4/igb-5.2.9.4.tar.gz
sudo tar -zxvf igb-5.2.9.4.tar.gz
cd igb-5.2.9.4/src/
sudo make
sudo make install

以上で最新カーネル、最新ドライバの最強のVyOSが出来上がりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*