VyOS Users Meeting Japan #2で話をしてきました

VyOSをビルドしたという自分のふとしたツイートから @higebu さんと知り合い、軽いノリで次回のユーザ会をやるときは話すとうっかり言ってしまったので約束を守るために話をしてきました。
ちなみに髭生やしてると思い込んでいたので、ご本人をみたときは軽くショックを受けました。

当日はおまけ資料の動画ファイルを職場のPCに忘れて午前中取りにいった割には使い物にならなかったり、ついでに新宿でエージェント業を遂行していたら、どこにいても聞こえるくらいでかいドラム鳴らしてる迷惑集団がいたりしてナヨナヨでした。
彼ら最終的には公園に落ち着いたようですが、休日を公園で過ごしてる人たちにはさぞ迷惑だったでしょうね。

そんなテンションで話しをさせていただいたVyOSユーザ会ですが、開催を知らされてから当日まで一週間もなく、内容も英語とのことで薄いスライドの内容の割にはかなり時間をくってしまいました。
(前日にレビューしてくれた秋津メンのみんなありがとうございました)

さてせっかくなので、自分がVyOSに限らず各種ソフトウェアルータや、SDNについて抱いている感想をカス零細弱小広告配信会社的な観点で軽くまとめます。

Vyattaを使い始めたきっかけは、入社して二日目に崩壊した箱出しで使っていたCentOS5のiptablesです。
初日で環境も揃い、二日目になりがんばるぞいってなったところで向かいの席から悲鳴があがり、そこからすべてが始まりました。

私物のRTX1200を試しに投入してみたところ見事に瞬殺w、今まで経験のない現象だけどRTXよりまだましなiptablesでがんばったほうがいいとなり、ならLinuxのチューニングが丸ごと使えるしNW機器として使える細かい手設定が不要なVyattaを選びました。
あとはひたすらパケットドロップ&破棄→チューニングで対処を繰り返して現在にいたるという感じです。

さて自社では大活躍しているVyOSをはじめとするソフトルータ(各種SDNも)ですが、自分の環境だとイマイチ使いどころが分からないとか使ってみたいけどーみたいな発言を見かけます。
まずは使ってみることをお勧めします。
なんとなく使ってるうちに自然とここで使えるなとか発想が出てくるはずです。

以下のような安価で低消費電力の2Port NICのマザーにVyOSを入れて家のルータとして使うのはどうでしょうか。
家庭用ルータをぶっちぎる性能と機能に足して、RTXより低価格で同等かそれ以上の性能を発揮するでしょう。

GA-J1900N-D3V

今後はIntelのDPDK等、高価なネットワーク機器の変わりに、安価なサーバやOpenFlowスイッチとコントローラを利用したパケットプロセッシングが主流になっていくとおもっています。
今のうちに自分自身の既成概念をぶち壊しておきましょう。

たとえば今ですが、数千万の小銭しか出資してないくせにあーだこーだ口出しして足引っ張ってくるVCのクラウドおじさん達がBGPルータを買ってくれないので、Lagopus(DPDK)とRouteFlowとか、最新カーネルでBulk dequeueのパッチが当たったので実はVyOSのquaggaで安価になんとかなるんじゃないかなと目論んでいます。(やるかは別として)

なおスライドでちょっと紹介した自作サーバについては、今年の初めに自作サーバ同窓会で詳細を発表しています。
スライドはこのへん動画はこのへんにひっそりと公開されていますので、興味のある方は悪の道に染まってみてください。

次回もなにかネタをこしらえて話をさせていただけたらとおもいます。
参加された皆様お疲れ様でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*